リサイクルトナー通販 【りとねっと】/カートリッジの保管

2500円以上送料無料!代引き手数料無料! お問い合わせ
商品検索:トナーカートリッジ名・機種名・メーカー名などを入力

トナーカートリッジの保管について

お買い求めいただいたトナーカートリッジや、修理や移動時に取り出したトナーカートリッジは、新品、リサイクルを問わず、次のような点に注意して保管して下さい。

� 新しく購入したトナーカートリッジは、実際に使用するときまで保護袋を開封しないで下さい。

� 使用中のトナーカートリッジを取り出したときは、遮光のためパッケージに使われていた保護袋、あるいは厚手の布で包んで保管して下さい。

� 立てたり、寝返したりせず、プリンターにセットするときと同じ向きで保管して下さい。

� 直射日光の当たる場所は避けて下さい。

� 高温多湿の場所や、温度変化や湿度変化の激しい場所は避けて下さい。

(保管温度範囲:0〜35℃ 保管湿度範囲:35〜85%RH(相対湿度・結露しないこと) )

� アンモニアなどの腐食性のガスが発生する場所や、空気に塩分が多く含まれている場所、ほこりの多い場所での保管は避けて下さい。

� ディスプレイやコンピュータ本体などの磁気を発生する装置の近くには置かないで下さい。

� フロッピーディスクなど、磁気を嫌う製品の近くには置かないで下さい。

� 幼児の手の届かないところに保管して下さい。

結露と湿気

保管湿度範囲内でも、外気との温度差によってトナーカートリッジ外部や内部に水滴が付着することがあります。この水滴が付着する状態を結露といい、寒暖の激しい場所での輸送や保管によって発症します。この結露はトナーカートリッジの品質に悪影響を及ぼします。

 

また湿度が高まると、コピー用紙全体がゆがんだりして紙詰まりが頻発する場合があります。この、湿度の高い状態はコピー用紙だけでなく、トナーカートリッジにも悪影響を及ぼします。

 

使用状況 プリンター トナーカートリッジ
湿度%RH温度℃ 湿度 温度 湿度 温度
使用環境 20〜80%RH(結露しないこと) 10〜32.5℃ 40〜80%RH(使用・作動時) 0〜35℃(使用・作動時)
保管環境 10〜80%RH(結露しないこと) 0〜35.0℃ 35〜85%RH(結露しないこと) −20〜40℃(弊社梱包状態)
停止時環境 20〜80%RH(結露しないこと) 10〜32.5℃ 40〜80%RH(待機時も含む) 0〜35℃(待機時も含む)

 

これらの設定範囲より低い場合や、高い場合は、次のようなトラブルが発生する場合が御座います。

1、印字のかすれ。印字が薄くなる。

かすれや薄いトラブルは湿度が高い場合に発生します。

 

2、印字のかぶり、全体に汚れが生じる

のかぶりや全体の汚れは湿度の低い場合に発生します。

 

これらの原因は、湿度が高いとプリンターのレーザー噴射口に湿気が付着し、レーザーが充分に噴射できなくなることや、トナーカートリッジの感光体ドラムに湿気が付着しトナーが充分に転写できなくなることが原因です。 また、湿度が低い場合には、静電気が発生しやすい環境になるため、帯電率が上がってしまい、トナーが通常より多く転写されるために起こってしまったりします。湿度によるトラブルは印刷用紙にも影響を及ぼし、湿気が紙に付着している状態で印刷しますと、上記のようなトラブルのほかに、用紙が歪んだり詰まったりするといったトラブルが発生する可能性がありますので、発生した場合は、別の新しい用紙に交換し、ご利用される事をお勧めいたします。

 

印字トラブルQ&A